行政機関のお客様

 地域に密着した企業活動の一環として、県や市町村自治体と連携し、地域経済の発展に役立つサービスを提供します。
  また、行政の電子化に対応し情報システムを活用した効率的な行政サービスの実現に向けて、各種ソリューションをご提案いたします。 

ICT利活用サポートの取り組み

 地域住民の情報リテラシーの普及度や習熟度は、暮らしの中での情報ネットワーク活用や、積極的な社会参加に直接関係してきます。急速な少子高齢化社会への流れの中で、これまでのモノを中心とした高度消費社会は成り立たなくなりつつあり、社会的ケアサービスの消費に重点を置く社会へと必然的に移行していくことが予測されます。
 保険・医療・介護・育児・教育・防災などの公共サービスは、より地域のニーズや利用者ニーズに即したサービスを目指して、住民みずからの手で担われていく方向へと転換され始めています。

 全国ybkts的に見ればインターネット個人普及率、ブロードバンド加入率は大幅に増加し、利用料金も低価格化が進みインフラ面では高度な充実を成し得ています。しかし、「いつでも・どこでも・何でも・誰でも」という、次世代のユビキタスネット社会の実現や、高齢者を含め誰でも簡単に機器やサービスを利用できる社会の実現までには、まだまだ地域の実態と大きな隔たりがあります。

 上記に掲げる公共サービス分野において、今後ICT利活用やネットワーク化は急激に進みます。 このような変化に適応するために、住民への情報リテラシー教育の実施、そして継続的な普及活動は永続的に行う必要性があると考えます。

 マルマンコンピュータサービス株式会社では、初心者から気軽に参加できる講習会、マンツーマン講習、個別出張講習等の計画から実施、サポートセンター運営まで、豊富なノウハウを提供させていただき、様々な形でICT利活用のための基礎力づくりをサポートいたします。

 

ICT利活用事業事例

青森県ライフイノベーション新成長産業創出事業

 青森県では、国の新成長戦略にも呼応したライフイノベーションの促進に向けて、「ライフイノベーション新成長産業創出事業」を創設し、ライフ(医療・健康・福祉)関連分野の産業振興の強化に取り組んでおります。
 県内企業による医療福祉関連機器や健康食品・化粧品等の事業化(試作・商品開発)に向けた取組みを支援するための補助事業の一つに、当社の『健康情報地域共有ビジネスモデルの実証』が採択されました。

arrow_g2事業募集元 :青森県商工労働部新産業創造課 医療・健康福祉産業創出グループ

arrow_g2事業概要

『健康情報地域共有ビジネスモデルの実証』(平成23年度)
弘前エリアにおいて、将来的に住民並びに病院・開業医などの各施設で健康・医療情報を参照・活用できる、いわゆる「どこでもMY病院」システム構築に向け、現在、弘前大学大学院医学研究科(社会医学講座)・健康スポーツ医科学センターが中心に取り組んでいる「岩木健康増進プロジェクト」をベースとし、住民が自身の健康情報を公共施設やスマートフォン・携帯端末等でユビキタスに閲覧できる新ビジネスモデルを検証・実現する。

 

IT利活用サポート事業

 地域経済の活性化や安心・安全の確保等における解決策の1つとして、青森県のブロードバンド利用の普及促進事業を実施いたしました。

 平成21年度から平成23年度まで、市町村や企業と連携し、地域住民を対象にブロードバンドやIT機器の利活用をサポートする体制を作り活動してまいりました。

 各拠点にITサポートセンターを設け、常駐スタッフを配置し各種IT相談に応じたり無料IT講習会を開催、地域のみなさまに多数ご利用いただきました。また、青森県と対象地域の市町村には、ITサポートセンターを常設する場所の提供と、講習会実施の周知や広報についての協力や調整をしていただくことで、地域のみなさまから信頼をいただくことができました。

arrow_g2委託事業元 :青森県企画政策部情報システム課 電子自治体推進グループ

arrow_g2事業対象地域

平成23年度:平川市・七戸町・三戸町・横浜町・東北町・おいらせ町
平成22年度:平川市・七戸町・三戸町・横浜町・東北町・むつ市・深浦町
平成21年度:七戸町・むつ市・深浦町

arrow_g2活動実績

年  度 平成21年度
平成22年度 平成23年度 合計(単位:人)
講習回数 228 814 765 1,807
受講者数 1,698 5,350 5,110 12,158
相談者数 544 2,572 2,216 5,332

 

IT活用サポーター活動事業

 IT活用サポーター活動事業は、地元企業や団体・自治体を対象に、情報発信やネットショップ開設等、IT活用に必要な知識や技術を指導し、その実践までを支援することを目的として実施されました。

  東北新幹線全線開業を翌年に控えた平成21年、地元の経済や産業の活性化を図ることが早急に必要とされており、全国から脚光を浴びるこの機会を最大限に活かすためには、インターネットへの情報発信が不可欠でした。 主な活動として、IT化の有効利用を主眼とした無料IT講習会を開催し、これを機に情報発信の現状を知っていただき、経営や業務管理に役立つIT化の知識を習得していただくことを目的といたしました。さらにご相談に応じて、実践まで個別に対応させていただきました。

 平成21年から23年まで、青森県、地域の自治体、他実施事業者と連携しながら、地域の活性化に向けて様々な業種のみなさまに支援を行いました。

arrow_g2委託事業元 :青森県商工労働部新産業創造課 情報産業振興グループ

arrow_g2事業対象地域:青森県全域(主担当地域:弘前・白神山地)

arrow_g2主な支援内容

・無料IT講習会
・インターネットを活用して情報発信するためのコンテンツの制作などの研修指導
・ホームページなどを効果的に活用するためのアクセス対策などの知識や技術の研修指導
・ネットショップ経営のための知識や技術の研修指導
・その他IT活用に関する相談指導

arrow_g2活動実績

ホームページ新規開設 7団体
ホームページリニューアル 5団体
ネットショップサポート 8社
無料IT講習会実施 18回
無料IT講習会参加延人数 344人
IT活用サポート 39団体

 

資料請求、製品問合せ等随時受け付けております。
お気軽にご相談ください。問合せページ
  • 看護業務をトータルサポートします。
    1. 看護業務支援システム
    2. オフィスEX
    3. 看護必要度システム
    4. 看護必要度
    5. 医療安全支援システム
    6. セーフティ
    7. 医材マネジメントシステム
    8. サプライ
    9. 勤務表作成支援システム
    10. ナイスプラン
    11. ナイスプランII
    12. 介護施設向け勤務表作成
    13. ケア物語
  • 医師、看護師、薬剤師、医事課など、院内の血糖値測定に係わる業務をトータルに支援します
  • 院内診療材料のコスト削減、保険請求漏れ防止を実現します。
  • リハビリテーション業務をサポートします。
    1. リハビリテーション業務支援システム
    2. POST
  • 職域における健康意識の向上と生産性向上の推進を支える新しいクラウドサービスです
  • ホームページでの効果的な情報発信を自社で簡単に実施できる仕組みを提供します。