平成19年度情報化促進貢献情報処理システム表彰  2007年10月01日

情報化月間記念式典
日   付 : 平成19年10月 1日
開催場所 : ANAインターコンチネンタルホテル東京

マルマンコンピュータサービス株式会社は、経済産業省をはじめとする関係6府省(内閣府、総務省、財務省、文部科学省、国土交通省)が、情報化に関する普及・啓発を重点的に行っている「情報化月間」において、「平成19年度 情報化促進貢献情報処理システム表彰」の情報化月間推進会議議長表彰を受賞しました。

【システムの名称】
看護支援システム「ナース物語」シリーズ

【受賞理由】
看護実践の視点で開発した看護業務支援ソフトウェア。
看護師の視点から看護計画管理・指示管理など看護業務支援、患者認証システム、あるいは勤務管理など、看護業務全般について、他社に先駆けてシステム化を実施している。看護業務プロセスの標準化によりケアレベルを平準化することで、看護サービスレベルの向上及び患者満足度向上に貢献。
(9月14日付け 経済産業省報道発表より)

情報化月間 2007 についてはこちらをご覧ください。

CIMG0708

syoujou

資料請求、製品問合せ等随時受け付けております。
お気軽にご相談ください。問合せページ
  • 看護業務をトータルサポートします。
    1. 看護業務支援システム
    2. オフィスEX
    3. 看護必要度システム
    4. 看護必要度
    5. 医療安全支援システム
    6. セーフティ
    7. 医材マネジメントシステム
    8. サプライ
    9. 勤務表作成支援システム
    10. ナイスプラン
    11. ナイスプランII
    12. 介護施設向け勤務表作成
    13. ケア物語
  • 医師、看護師、薬剤師、医事課など、院内の血糖値測定に係わる業務をトータルに支援します
  • 院内診療材料のコスト削減、保険請求漏れ防止を実現します。
  • リハビリテーション業務をサポートします。
    1. リハビリテーション業務支援システム
    2. POST
  • 職域における健康意識の向上と生産性向上の推進を支える新しいクラウドサービスです
  • ホームページでの効果的な情報発信を自社で簡単に実施できる仕組みを提供します。